MENU

無料集客相談
\24時間受付中/

【最新版】便利屋の集客方法について徹底解説!

【成果報酬制】
便利屋集客代行サービス

今回は、便利屋の集客にお困りの方に向けて、類似サービスでもある、植木屋や清掃会社などの集客代行を行っているStray Lamb Agentの立場で、便利屋の集客方法について徹底解説していきます。

本記事の対象者
  • 便利屋の集客方法について知りたい方
  • 自社で集客する上でのポイントについて知りたい方
  • 集客を失敗しないためのポイントについて知りたい方
目次

便利屋が集客する前に考えるべきこと

便利屋が集客する際には、HP制作を開始する前に、自身がどのようなサービスを提供できて、特にどの分野のサービスについて、集客したいのか、整理しておきましょう。

集客するサービスカテゴリ(植木屋・清掃・家事代行・小規模の工事)によって、ビジネスモデルや顧客獲得コストの相場・集客方法が大きく異なります。

便利屋のサービス内容
  • 植木屋(剪定・伐採・草刈り)
  • 清掃(ハウスクリーニング・法人向け清掃)
  • 外壁塗装
  • 外構工事
  • 内装工事
  • クロス・畳張替え
  • 家事代行
  • 家具組み立て
  • その他

便利屋の集客の全体像

便利屋におすすめしたい集客方法について詳しくお伝えする前に、「集客」の定義について整理しておきましょう。

集客とは?

「集客」とは、カンタンに説明すると、「自身から営業しなくても、お客様の方から問い合わせてきてくれる状態」のことです。

一見とても難しいことのように思えますが、実は仕組み自体はとてもシンプルです。

ターゲットとなる人に自身のサービスを紹介するHPやチラシ、つまりは文章・画像・動画を見せて、問い合わせを待つだけです。

例えば、問い合わせが集まりやすいチラシを作って、それをターゲットとなるユーザーが多いエリアでチラシを1枚1枚投函して、反応を待つだけでよいわけです。

Web集客も考え方としては同じで、基本的に反応の良いHP/LPを作り、そのユーザーにターゲットとなるユーザーからのアクセスを集めてくるだけです。

以上のことから、基本的に下記の2点を改善していくだけで、効率的な集客を行うことが可能です。

効率的な集客を行うためのポイント
  • 顧客になりそうなユーザーからのアクセス数を増やす。
  • 顧客に見せるHPやチラシを改善し、反応率を高める。

便利屋が活用できる集客の種類

便利屋が活用できる集客手法について、オンライン・オフラインの視点で分けてまとめました、

オンラインの集客
  • ホームページ(HP/LP)
  • MEO
  • SEO
  • 各種SNS(Instagram/X/TikTok)
  • YouTube

▼課金によるコントロールが可能な媒体

  • 一括見積サイト・マッチングサイト
  • リスティング広告(Google・Yahoo・Microsoft 等)
  • ディスプレイ広告(Google・Yahoo 等)
  • SNS広告(Instagram / Meta / TikTok / X / LINE等)
  • 動画広告(YouTube 等)
  • アフィリエイト広告
  • 純広告
オフラインの集客
  • 訪問営業
  • テレアポ
  • ポスティング
  • 手紙
  • 新聞折込チラシ
  • 地域の情報誌

おすすめの集客方法は?

便利屋として、どんなサービスの集客に力を入れていきたいのかにもよりますが、便利屋の集客方法でおすすめは、Web集客です。

オフラインの集客と比較して、改善・テストのスピードが圧倒的に早いことと、ターゲットの精度が高いことが理由として挙げられます。

Web集客も、「自社で集客を行う場合」と「プラットフォーム側から送客してもらう場合」の2つがあります。

自社での集客
概要

自身の屋号のHPやチラシを作り、Web広告やポスティングを活用して、集客する。

  • メリット:Web集客のノウハウや技術が必要。自分にノウハウがない場合は要外注。
  • デメリット:ノウハウがないと費用対効果が合わない場合あり。
  • 外注先の例:便利屋集客代行サービス
マッチングサイト等からの送客
概要

マッチングサイトに登録して、そこから成果報酬課金等で送客してもらう。

  • メリット:Web集客のノウハウが自身になくても、Web集客を開始できる。
  • デメリット:相見積もりになりやすい?費用対効果を合わない場合あり。
  • 媒体の例おそうじプロ名鑑植木屋名鑑・ミツモア・暮らしのマーケット等

自社で集客する場合・マッチングサイト等から送客する場合、どちらを選べばよいのか?と悩まれる方も多いでしょう。

しかし、別にどちらかに限定する必要はありません。

予算が許すならば、費用対効果を見ながら、効果の良い方に最終的に予算を寄せていく形でよいでしょう。

ただし、無料集客相談の中で、マッチングサイトを使っている事業者様の話を伺っていくと、以下のような理由から、自社での集客に力を入れたいと、相談を受けることがあります。

マッチングサイトへの不満?
  • 相見積が多い
  • 成約につながらない
  • 費用対効果が合わない(広告費を払うために仕事をしてるみたい…)
  • 価格競争が激しい
  • 競合に埋もれて、問い合わせが全く来ない

※上記は特定のマッチングサイトについて言及したものではありません。

そこで今回は、「便利屋が自社で集客する場合におすすめしたい集客方法」について徹底解説していきます。

便利屋が自社で集客する場合におすすめの集客方法

注意

本記事では、私が実際に植木屋・清掃業の集客に活用した集客方法・今後試してみたい集客方法の両方を交えながら、解説していきます。

集客実績などについてはこちら

結論として、便利屋が自社で集客するステップは下記の通りです。

結論
  1. LP制作(集客に特化したホームページ)
  2. リスティング広告
  3. MEO対策
  4. SEO対策
  5. チラシ集客

LP制作

集客に取り組む際には、まずLP(集客に特化したホームページ)を作ることをおすすめします。

LPとは、「集客に特化した縦長のホームページ」になります。

LPのイメージがつかめない方は、集客代行サービスのページがLPになっているため、こちらをご覧ください。

便利屋の場合、植木屋・清掃業者とサービスは多岐にわたりますが、LPを作成する際は、サービスを限定し、ターゲットや訴求を絞った方が良いです。

そのため、まずは自分がどのサービスを集客したいのかを事前に整理しておきましょう。

効果的なLPを作るためには、顧客にサービスを購入してもらうための文章、いわゆるセールスライティング力が非常に重要です。

そこで、ここでは、植木屋業務(剪定・伐採)等のサービスLPを作る前提で、大まかなセールスライティングの例についてご紹介しておきます。

セールスライティングの例
結果

ポイントは、「誰にどんな価値を提供できるサービスなのか?」を伝えること。

例:「あなたのお庭の悩みを解決!」

結果のパート(メインビジュアル)は、顧客が一番最初に目にする部分です。画像とキャッチコピーを使い、ユーザーに提供できるベネフィット(価値)を伝えましょう。

実証

ポイントは、「顧客にその価値を提供できる根拠」を伝えること。

例:「サービスの3つの強み」

「結果」のパートでベネフィット(価値)を伝えたら、「実証」のパートでは、「顧客になぜその価値を提供できるのか?」、その根拠を論理的かつ簡潔に説明していきましょう。

安心

ポイントは「客観的な根拠」を伝えること。

例:「施工事例」や「お客様の声」

実証のパートで説明した根拠はあくまでも、サービスの売り手側が説明したものです。

客観性に欠けます。

そこで、「施工事例」や「お客様の声」を掲載し、客観的な根拠を伝えます。

信頼

ポイントは「サービスに対する信頼を与える」こと。

例:「代表者の顔写真付きの挨拶」や「資格/許認可」

植木屋のような生活系サービスは、見知らぬ人を家に招き入れる行為が伴うわけですから、ユーザーはどんな人が来るのか、不安に思っています。

そこで、「顔写真付きの代表者/担当者紹介」や「取得資格/許認可」などを掲載することでサービスに対する信頼感を感じてもらえるようにしましょう。

クロージング

ポイントは、顧客側の不安を緩和すること。

例:「料金表」・「Q&A」

「料金が不明確・出張費が別途請求されるのか?」などサービスの利用を検討する顧客が不安に思うような要素をできるだけなくしてあげましょう。

オファー

ポイントは、ホームページを見た顧客に促したい行動を伝えること。

例:「無料見積」・「無料相談」など

このホームページを見た顧客に最終的に促したい行動を伝えます。

オファーは最後のパートだけではなく、メインビジュアルの下やスマホ画面下に固定バナーとして設置しておくと、集客により効果的です。

できるだけオファーのハードルを低くして、顧客と直接接点を持つことをオススメします。

リスティング広告

反応の良いチラシを作っても、段ボールの中に入れたままでは集客できないのと同じように、HPやLPも見てもらえなければ意味がありません。

そのため、LPを作成したら、次にそのLPへのアクセスを増やすことが必要です。

しかし、サービスと無関係な人々からのアクセスを集めても、集客には結びつきません。

したがって、集客に結びつきやすい顧客(顕在顧客)からのアクセスを集めることが重要です。

顕在顧客とは、「今まさに業者を探している人」のことです。

そこで、顕在顧客を集めるために、まずリスティング広告の活用を提案します。

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索エンジン上に広告を表示する手法です。

設定したキーワードに基づいて、ユーザーがそのキーワードを検索した際に広告が表示される仕組みです。

例えば、「〇×市 植木屋」と検索したユーザーに対して、以下のような広告を見せることができます。

▼もっとわかりやすく解説

みなさんも、旅行先などで「ラーメンが食べたい!」と思ったら、「近くのラーメン屋」や「〇〇市 ラーメン」とGoogleやYahooで検索しますよね。

つまり、その時あなたはまさに顕在顧客なのです。

もし、それらのキーワードで表示された検索結果のすぐ目につくところに、よさげなラーメン屋さんの情報があったら、そこに行ってしまいますよね?

したがって、便利屋(剪定・伐採・ハウスクリーニング)なども、こうした顕在顧客が調べそうな検索キーワードで自身のHPの情報が上位表示されるように対策していくわけです。

その対策方法の一つが、今回ご紹介しているリスティング広告になります。

顕在層の顧客は、今まさに便利屋(植木屋・ハウスクリーニング業者)を探している人であるため、GoogleやYahoo検索で、「〇〇市 便利屋」や「〇〇市 植木屋」・「〇〇市 ハウスクリーニング」のようなキーワードで検索することが想定されます。

顕在顧客向けキーワードの例

「〇〇市 便利屋」/ 「〇〇市 植木屋」/ 「〇〇市 ハウスクリーニング」

つまり、[地域名×業種/サービス名]のキーワードで検索する顧客に自社のLPを見てもらうことで、効果的な集客ができます。

Google検索では、[地域名×業種/サービス名]のキーワードに対する検索結果には、リスティング広告以外にも、自然検索からの流入を促すMEOやSEOも含まれます。

そのため、顕在層の顧客からのアクセスを確保するには、リスティング広告、MEO対策、SEO対策のすべてを行い、自社の情報が常に上位に表示されるようにするのが理想です。

しかし、予算や時間の制約でこれらすべての施策を実行するのが難しい場合もあるでしょう。

その際は、まずリスティング広告、特にGoogleのリスティング広告を活用することをおすすめします。

リスティング広告をおススメする理由は以下の4点です。

リスティング広告(Google)のメリット
①「顕在層の顧客獲得に向いている

「〇〇市 植木屋」のようなキーワードで検索するような顕在層の顧客獲得に向いています。

②素早くアクセスを集めることができる

広告の審査に通れば、その日のうちに広告が表示され始めます。

素早くアクセスを集めることができるため、早期にホームページの集客力を検証することが可能です。

③低予算から利用できる

リスティング広告は月1.5万円程度の低予算などから出稿することが可能です。

ただし広告予算が少ない場合は、GoogleかYahooの広告媒体のうちどちらか1つに絞ることをオススメします。

私の場合はGoogleを推奨します。

④エリアを指定できる

GoogleやMicrosoftでは住所から半径で指定。Yahoo広告では市区町村単位で、広告の出稿エリアを指定できます。

よくある質問
Google広告とYahoo広告どっちを出せばよいの?

予算が限られているならば、Google優先でよいでしょう。(機能が充実しており、広告の機械学習精度が高いことが予想されるため。)

Microsoft広告って使うべき?

法人案件向けのサービスを集客したい場合は、やって損はない施策です。

MEO対策

「顕在層の顧客」からアクセスを集める方法は、リスティング広告だけではありません。

MEO対策やSEO対策でも、顕在顧客からのアクセスを集めることが可能です。

例えば、「〇〇市 外壁塗装」や「〇〇市 便利屋」といったキーワードで検索すると、検索結果にGoogleマップの情報が表示されることがあります。

このGoogleマップに自社の情報を表示させるための対策が、MEO対策です。

このように、MEO対策を活用すれば、「〇〇市 便利屋」や「〇〇市 植木屋」といったキーワードで検索する顕在顧客を自社のホームページに誘導することが可能です。

ただし、MEOやSEOに関する上位表示アルゴリズムはブラックボックス化されており、こうすれば必ず上位表示されるという手法は公開されていません。

ただし、Googleからガイドラインが提供されているため、私たちは、これらのガイドラインやマーケターが発信する情報を参考にしながら、対策方法を考えているわけです。

そのため、下記に私が私が考えるMEO対策のポイントをまとめますが、個人的見解の域を出ないものであることを了承の上、読み進めていってください。

MEO対策のポイント
Googleビジネスプロフィールに登録する

Google Map上に自身の情報を掲載するためには、Googleビジネスプロフィールに登録する必要があります。

プロフィールの強度を高める

管理画面上で登録できる項目は、可能な限りすべて埋めていきましょう。

これにより、プロフィールの強度を高めることができます。

プロフィールの強度は、管理画面で確認することが可能です。

口コミを集める

利用してくれた顧客から、口コミを集めましょう。

被リンクを獲得する

SEO対策にも関係しますが、そのエリアに関連するサイトや同業者のサイトから被リンクを獲得することで、ドメインパワーを向上させたり、検索キーワードとの関連性を高めることが狙えます。

SEO対策

SEO対策とは、検索エンジン上で特定のキーワードで自社のウェブサイトを上位表示させるための対策です。

便利屋のような地域密着型のローカル集客では、MEOやリスティング広告と同様に、「〇〇市 便利屋」や「〇〇市 伐採」「○○市 草刈り」「○○市 ハウスクリーニング」といった地域やサービスに関連したキーワードを中心に対策を進めます。

「全国の顧客を対象にするのか?」「特定の地域の顧客をターゲットにするのか?」といった商圏の範囲によっては、対策するキーワードやウェブサイトの設計が大きく異なるため、注意が必要です。

昨今のSEO対策は難易度が高まってきているため、信頼できる業者に相談することをお勧めします。

詳細なSEO対策については、別の記事で解説する予定です。

※これは私の個人的な見解であり、参考にしていただければ幸いです。

SEO対策のポイント
サイト設計を考える

TOPページをLP化して、タイトルに対策したいキーワード「〇〇市 便利屋」を含めます。

こうすることで、「〇〇市 便利屋」で検索したユーザーにワンクリックでLP(集客に特化したホームページ)を見せることができます。

ただ、ユーザー場合は便利屋に依頼したいというよりも、剪定・清掃などの具体的なサービスを依頼したいと思って、そのサイトに訪れている可能性が高いため、草刈り・ハウスクリーニングなどの専用のページを用意して、TOPページからそれらのページに誘導できるとなおよいでしょう。

E-E-A-Tを高める

Experience(経験):【例】情報発信者が実際に経験した内容か?/お客様の声
Expertise(専門性):【例】代表者の業界歴
Authoritativeness(権威性):【例】担当者・代表者の資格・SNSのフォロワー数など
Trustworthiness(信頼性):【例】サイトがSSLされているか?など

Googleがサイトの評価に用いるとされるこれらの評価項目を高められるように、必要なコンテンツなどをサイトに含めます。

※例はあくまで私の個人的見解です。ご参考までに。

被リンクを集める

被リンクとは、外部のウェブサイトから自分のサイトに向けてリンクが設置されることです。

外部からのリンクを得ることで、自社サイトの評価が向上すると言われています。

ローカルSEO対策を行う際には、競合しない同業者からのリンクや地域のポータルサイトなどからのリンクを獲得することを目指します。

ただし被リンク対策は、Googleのガイドライン違反とならないように、Googleのガイドライン(Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー)を遵守した上で行いましょう。

④サイトスピードを高める

リンクをクリックしてからサイトが表示されるまでの時間をサイトスピードと言います。

このサイトスピードもSEOの評価に重要な要素とされており、画像の圧縮などの対策を通じて改善することができます。

まずは、Googleが提供するページスピードインサイトというツールを使って、自社のウェブサイトのURLを入力し、サイトスピードを測定してみましょう。

SEO対策を考える前にも、サイトの表示が3秒以上かかる場合は、ユーザーがストレスを感じて離脱する可能性があります。

このため、サイトスピードが遅い場合は集客力を損なわないためにも対策が必要です。

⑤ブログを投稿する

商圏が広い場合には、ブログを活用したSEO対策も視野に入れてよいでしょう。

しかし、商圏が狭い場合は対策するキーワードの費用対効果などを慎重に考慮する必要があります。

例えば、「便利屋 費用」のような顕在層向けのキーワードで検索するユーザーは全国に分布しているため、ローカルな集客には適していない場合があります。

(※専門性をアピールする目的であれば、問題ありません。)

自社でSEO対策するのは難しいという方は、ポータルサイトやまとめ記事を作成している運営に依頼して、自社を掲載してもらうという手法もあります。

「〇市 便利屋 5選」・「〇〇市 植木屋一覧」などの一覧ページを運営している業者を探してみましょう。

ちなみに、Stray Lamb Agentでは、植木屋・造園業に特化したポータルサイト「植木屋名鑑」や清掃業特化のポータルサイト「おそうじプロ名鑑」を運営しています。

植木屋名鑑無料掲載申請

おそうじプロ名鑑無料掲載申請

チラシ集客

万能にも思えるWeb集客ですが、以下のような弱点があります。

  • サーバーがダウンしてHPが機能しなくなる
  • 競合参入により広告費が高騰化
  • 検索アルゴリズムのアップデートにより検索順位の下落・アクセス数ダウン

このようなWeb集客の弱点を補うためには、別の集客方法で確保できるようにしておくことが良いでしょう。

その代替案の一つにチラシ集客があります。

ただしチラシ集客に取り組む場合は、まずLPとリスティング広告を活用した集客から始めることをお勧めします。

成果が出ているLPのキャッチコピーや文章構成をチラシでも活用することで、チラシ集客でも高い集客効果を狙う戦略です。

チラシを作成した後は、ポスティングなどでチラシを配布していきます。

その他の集客方法について、筆者の見解

上記に紹介した以外にも広告媒体やメディアは様々です。

例えば、下記のようなものが挙げられるでしょう。

  • YouTube
  • SNS(Instagram/X/TikTok)

これらを「便利屋」の集客に使うべきか否か、筆者の見解を述べておきましょう。

YouTube

最近、便利屋系 YouTuberが人気ですよね。

動画を拝見する限り、動画を見たお客さんからの、問い合わせにつながっているようなので、便利屋がYouTubeを集客に使うことはありなのかもしれません。

ただし、YouTube動画は様々なエリアの方に配信されており、配信エリアをコントロールできません。

そのため、自身が商圏とするエリアが東京や神奈川など人口が集中するエリアである場合は、効果があるように思いますが、地方など人口が少ないエリアが商圏の場合は、時間的な費用対が合わないかもしれません。

筆者もYouTubeチャンネルを運営していますが、
おかげで仕事以外でも様々な出会いを得ることができました。

集客につながらなくても、人生を豊かにしてくれるものだと感じていますので、興味がある方は、ゆるくでよいのでYouTuberしてみると良いです。

SNS(Instagram/X/TikTok)

SNS(Instagram/X/Meta)を集客に活用する場合です。

これはYouTube同様、YouTubeの動画をショート動画に切り抜いて投稿する場合です。

YouTubeで集客につながっている場合、おそらくこれもある程度の集客効果があるのではないかと予測しています。

YouTubeチャンネルを始めた人は動画をカットする程度の手間で挑戦できる施策であるため、やって損はないでしょう。

便利屋の自社の集客で失敗しないためのポイント

ここまで便利屋の集客方法について解説してきました。

ただし、集客ができても、利益が出ずに赤字になってしまっては、元も子もないですよね。

そこで今回は、自社でWeb広告などをかけて集客した場合でも、利益をしっかり残るようにするためのポイントについても解説しておきます。

ポイントは結論、下記の通りです。

  • CPO(顧客成約単価)を抑える。
  • LTV(客単価)を上げる。

①CPO(顧客獲得単価)を抑える。

CPOとは、成約1件あたりにかかった集客コストです。

サービスの種類や利益率・利益額によって、目標のCPOは大きく変わってきますが、例えば、剪定や伐採などのサービスの場合、CPOを20~30%に抑えられることと良いでしょう。

例えば、40,000円程度の売上を作るために、広告を8,000円~12,000円ほどかけるイメージです。

CPOを下げる方法
  • CPA(問い合わせ獲得単価)を下げる
  • 成約率を上げる

CPA(問い合わせ獲得単価)を下げる

CPA(Cost Per Acquisition)とは、広告やチラシなどを通じて見積依頼を獲得するためにかかった1件当たりのコストを指します。

CPAを下げる方法は、広告媒体や集客方法によってさまざまな手法がありますので、ここでは詳細な説明は割愛します。

成約率を上げる。

CPOを下げるには、見積依頼後の成約率を上げることも非常に重要です。

例えば、見積獲得コストが5000円だった場合、成約率が100%であれば、CPOも5000円ですが、成約率が50%であれば、CPOは10000円になってしまいます。

もちろん成約率100%というのは難しいですが、成約率を高めることで、許容CPAにも余裕が出てくるため、競合優位性につながります。

②LTV(客単価)を上げる。

LTVとはカンタンに説明すると、1人のお客さんが一生涯にあなたにもたらしてくれる売上(≒利益)の総額です。

1人当たりのLTVが高くなれば、許容CPOにも余裕が出るため、集客力の強化にもつながります。

便利屋では、リピートをしてもらったり、依頼主に違うサービスなどを提案してみることで、LTVを引き上げられる可能性があります。

【無料集客相談】便利屋集客代行サービス

本記事をご覧になられて、便利屋の集客にお困りの方は、是非この機会にStray Lamb Agentの便利屋集客代行サービスの無料集客相談をご活用ください。

【成果報酬制】
便利屋集客代行サービス

Stray Lamb Agentの集客支援実績

清掃会社 Y社様

法人・ハウスクリーニング含む案件、14件/月の問い合わせを獲得。この期間の広告費は約57,000円。(2024.4)

※広告費にはサービスの手数料・消費税等は含まれていません。

  1. 業種:清掃会社 Y社様 (B to B向け)
  2. エリア:東京都
  3. 支援内容:LP制作/リスティング広告(Google/Yahoo/Microsoft)/MEO対策/SEO対策
支援概要

まずは少額予算(月額3万円程度)から試してみたいということで、顕在層獲得に向けたキーワードに焦点を絞り、リスティング広告を運用しました。

またLPのCVRを上げて、CPA(顧客獲得単価)を下げていけるように、ヒートマップ解析ツールを使った分析を行い、LP改善をスピーディーに対応しました。

植木屋 D社様

5件/月の問い合わせを獲得。この期間の広告費は約16,000円。(2024.5)

※広告費にはサービスの手数料・消費税等は含まれていません。

  1. 業種:植木屋D社様(剪定・伐採・草刈りなど)
  2. エリア:神奈川県
  3. 支援内容:LP制作/リスティング広告(Google/Yahoo)/MEO対策/SEO対策
支援概要

以前、他社に運用を依頼していた際には、CPA(獲得コスト)を課題に感じていらっしゃったため、目標のCPAを達成できるようにLPやリスティング広告運用の改善をスピーディーに行っていきました。

人工芝施工業者 S社様

2週間で3件問い合わせ!この期間の広告費は約12,000円。(2024.4)

※広告費にはサービスの手数料・消費税等は含まれていません。

  1. 業種:人工芝施工業者(主にB to C)
  2. エリア:中部地方
  3. 支援内容:LP制作/リスティング広告(Google/Yahoo/Microsoft)/SEO対策
支援概要

初動の成果がなかなか思うようにいきませんでしたが、リスティング広告の入札戦略や配信キーワードの見直しを入念に行い、成果の改善を行いました。

植木屋 W 社様

7件/月の問い合わせを獲得。この期間の広告費は約31,000円。(2024.5)

※広告費にはサービスの手数料・消費税等は含まれていません。

  1. 業種:植木屋W社様(剪定・伐採・草刈りなど)
  2. エリア:中部地方
  3. 支援内容:LP制作/リスティング広告(Google/Yahoo)/SEO対策
支援概要

自社に直接集客するために必要なWeb集客施策(LP制作+リスティング広告運用など)を丸ごと代行。

その他の実績を見る
ギター教室

MEOにて上位表示、広告費をほとんどかけずに2名から問い合わせを獲得!

  1. 業種:ギター教室
  2. エリア:宮城県
  3. 支援内容:LP制作/リスティング広告(Google)/MEO対策/SEO対策
施策概要

広告予算が限られていたため、LPと顕在層向けのキーワードに絞ったリスティング広告運用(2万円以下)を実施。平行して、MEO対策を実施。

またStray Lamb Agentが保有するギター教室紹介メディアに広告掲載し、SEO経由での集客を強化。

【掲載実績の注意事項】広告経由でのコンバージョンとして測定できない問い合わせも、施策全体の効果によって、集客できたものと考え、成果として、掲載しております。

よくある質問

便利屋の集客について相談できるサービスはありますか?

Stray Lamb Agentの便利屋集客代行サービスの無料集客相談を是非活用してください!

便利屋の集客方法について教えてください!

こちらの記事を参考にしてください。

便利屋におすすめの集客サイトやマッチングサイトはありますか?
便利屋のホームページ制作のポイントについて教えてください!
便利屋のSEO対策のポイントについて教えてください
便利屋の仕事の取り方について教えてください。
便利屋のチラシ集客について教えてください。
便利屋の広告戦略について教えてください。
便利屋の営業方法について教えてください。
この記事の著者
経歴

Stray Lamb Agent代表。國廣 知希(くにひろ かずき)。滋賀県出身/東京都江東区在住。

滋賀大学経済学部情報管理学科を卒業。

国内大手IT/大手外資系企業【富士通・BCG(バックオフィスIT職)】などにて、システム保守系PJのITエンジニア等として勤務。

その後、独立し、Web集客支援やポータルサイト運営などを行う、Stray Lamb Agentを開業。

植木屋や人工芝施工業者などの造園業界・清掃業界などに対して、Web集客支援を行う他、植木屋・造園業者特化のポータルサイト(植木屋名鑑)の開発・運営を行っている。

【保有資格】基本情報技術者試験

運営メディア・支援/集客実績についてはこちら
運営メディア

ポータルサイト

造園業界/清掃業界特化型のポータルサイトを運営。

これらポータルサイトの開発・SEO対策・営業などを一人で行う。

集客情報メディア

Instagram

YouTube

支援実績のある業界
  • 植木屋
  • 清掃会社
  • 人工芝施工業者
  • 音楽教室
  • 外壁塗装
  • コンサルティング

集客実績を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次